公開履歴
多様な薬と薬のケース

人は妊娠や性的欲求の解消など、様々な理由で性行為を行います。
しかし性的欲求の解消が目的であったとしても、妊娠を望まない方も多いです。

望まない妊娠を避けるためにも、様々な避妊用具が手に入る時代になりました。
女性であれば、ピルという避妊用具を使用する方も少なくありません。

ですが万が一妊娠の可能性が生まれてしまった場合、普段からピルを服用していなければ危険です。
そんな緊急時に使う避妊薬をアフターピルといいます。

アイピルの効果と避妊率

アフターピルとは、いわゆる緊急避妊薬のことです。
薬には様々な種類があり、日本国内でも有名なものが多々あります。

日本国内では流通していないけれど人気が出ている海外の避妊薬で、アイピルという避妊薬が挙げられます。
効果に期待できる一方、使い方がわかりやすいと評判です。

アイピルはアフターピルの一種なので、他のアフターピルと同様に性行為の最中に妊娠の可能性が生まれてしまっても、妊娠を避ける効果があります。

服用方法も簡単で、性行為から72時間以内に必要な量を1回服用するだけです。
アフターピルは面倒な服用方法のものが多い中、このように簡単な方法であれば服用に失敗する可能性は低いでしょう。

ですが他のアフターピルに慣れている方だと、いつも通り服用してしまう可能性もあります。
アイピルに限ったことではありませんが、アフターピルは副作用が強いものが多いです。
そのため、間違った服用の仕方をすると、妊娠を避けるどころか返って体に大きな負担がかかってしまいます。
72時間以内に2回以上服用するなど、間違った方法で服用しないように注意が必要です。

アフターピルを使う上で気になるのは、その避妊率でしょう。
アイピルの場合、人気の理由は避妊率にもあります。

24時間以内に服用すれば、避妊失敗率はなんと5パーセントほどになります。
これを大きいと感じる方がいるかもしれませんが、通常のアフターピルであっても20パーセントほどある場合も少なくないため、効果が大きいと言えます。

最大リミットは72時間ですが、それまで服用する場合は失敗率20パーセントほどと、多くありません。
ですが人によっては妊娠してしまう可能性がある数値なので、できるだけ早めの服用を心がけましょう

常備しておけばコンドームが破れた時でも安心

女性側はピルで妊娠を避けることが可能ですが、男性側はピルを飲んでも全く効果がありません。
男性側が妊娠を避ける場合、直接精子を膣内で出してしまわないようにコンドームという避妊用具を装着する必要があります。

ですが性行為中、どうしても激しい性行為に発展してしまうケースも少なくありません。
もしくはコンドームが不良品であれば、行為が終わった後にコンドームが破れてしまっている可能性も考えられます。
射精後であれば、精子が漏れているかもしれません。

たとえ精子が少量であっても、女性側には十分に妊娠のリスクがあります。
実際に男性は行為中に精子を出し続けているものなので、コンドームが性行為中に破れていたということは妊娠している可能性が高いと言えます。

普段から低用量ピルなどを服用していれば良いですが、妊娠するつもりで性行為に臨んでいない場合もあります。
そのようなとき役に立つのが、アイピルなどのアフターピルです。

コンドームを装着していれば安全と考える方も多いですが、必ずしもそうとは限りません。
普段から低用量ピルを服用していても、妊娠する可能性はあります。
ですので、万が一のときに備えてアフターピルを1つ常備しておくのも良いです。

「アフターピルを常備するのは、なんだか恥ずかしい…」という方もいますが、それは恥ずかしいことではありません。
もちろん妊娠を望まないのであれば性行為を行わないのが一番ですが、様々なトラブルがあることも事実です。
普段から妊娠に対する対策を行っていないのであれば、なおさら常備しておくべきでしょう。

またアイピルであれば安全性も高く、服用しても体に異常が出ることはあまりありません。
妊娠が心配になったとき、いつでも避妊できるようにしておきましょう。

アイピルの値段はどのくらい?

アフターピルの服用にはメリットが多々ありますが、値段を気にする方も少なくありません。
いくら避妊効果があるからといって、やはりどのくらいの費用かを気にすることは大事です。

アフターピルの購入は、病院から処方してもらう方法が推奨されています。
その場合、様々な費用が重なった上で費用が決まります。

まず病院で処方してもらう前に、該当女性が服用するピルに合った体質かどうかを検査することが必要です。
直接医師にピルの処方を求めても、そのまま売ってもらえるということではありません。

検査の結果アイピルを服用しても安全だとわかれば、処方箋を出してもらえます。
そこでやっと、アイピルを購入することが可能になります。
最短1日で購入することも可能ですが、長いと入手まで1週間ほどかかることもあります。

肝心の値段ですが、まず病院で検査する段階で診察料が発生します。
一般的に簡易検査と精密検査の2つに分けて行われますが、合計で1万円以上の診察料になる場合がほとんどです。
それだけでも安くありませんが、通常の低用量ピルと違ってアフターピルは価値が高いので、1錠あたり1万円ほどかかります。
ですので、最低でも2万円ほど費用がかかると思っておいた方が良いでしょう。

また、これらの料金は全て保険適用外です。
そのため、必ず全て実費で支払う必要があります。
安全に服用していける方法ではありますが、一度アフターピルを購入するのに2万円を払うのを高いと感じる方も多いです。

もちろん病院によって、これらの費用は異なります。
場合によっては安くなっている病院もありますが、一方で3万円ほどかかる病院もあるため、事前に病院へ問い合わせておくのが一番良いでしょう。

アイピルなどアフターピル購入なら通販!

アイピルなどのアフターピルを病院を通じて購入するには、最低でも1万円以上の費用がかかります。
安全に利用できるからといって、人によっては気軽に払える金額ではありません。

そのため、最近利用される購入手段としてネット通販というものが挙げられます。
日本国内でも、インターネット上で様々な通販サイトが存在し、欲しい商品がどこにもないということはほとんどありません。

アフターピルの場合、日本国内で医師からの処方箋なしに購入することは薬事法によって禁止されています。
ですので、ネット通販で購入する場合は海外から個人輸入しなければなりません。

国内で販売されていないアイピルは個人輸入の通販で買えるので、海外の通販サイトを見てみるとアイピルが売っていることも多いです。
そのような海外の通販サイトから日本宛てに注文すれば、個人輸入による購入は完了になります。

しかし海外から商品を購入する際、支払い方法が大きく制限されます。
日本であれば代金引換や銀行振込、最近ではコンビニ支払いなどに対応している通販サイトも多いですが、海外から注文する際はクレジットカード以外では支払えません。
女性の方で自分の名義のクレジットカードを保有している方は、あまり多くないでしょう。

そのような方のためにあるのが、日本国内の個人輸入代行業者です。
代行業者に銀行振込などで料金を支払えばその業者が代わりに海外からアイピルを輸入し、こちらに配送してくれます。

購入する際に支払い方法の幅が増えるため、女性であっても支払いやすいというメリットがあります。
また海外のサイトでは英語がわからず購入が難しい場合もありますが、代行業者のサービスは日本語で説明されているので、わかりやすいです。