• ホーム
  • アイピルの効果と服用方法

アイピルの効果と服用方法

2019年10月03日

アイピルは性交渉を行った後に服用することにより避妊効果を得ることが出来る緊急避妊薬です。
アイピルには、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンと同じ成分が含まれています。
一般的なピルにも黄体ホルモンは含まれていますが、アイピルは一般的なピルよりも多くの量が含まれています。

アイピルに含まれている黄体ホルモンは、子宮内膜を厚く形成し、受精卵が着床しやすい子宮環境と作り出すことが出来ます。
子宮内を妊娠した状態に近くすることで、排卵を起こらなくさせたり、受精しにくい状態になるため、避妊に繋がります。

アイピルは性行為から実際に服用するまでの時間によって避妊効果に違いがあります。
24時間以内に服用することで、95%ほどの避妊効果を得ることが出来るとされていますが、72時間ほど時間が経ってしまってから服用した場合は避妊の成功率は75%まで下がってしまいます。
つまり、性行為をしてから服用までの時間が短いほど避妊率は高まるということです。

アイピルを服用する時には、水もしくはぬるま湯を使用します。
それ以外の飲み物で服用した場合には、作用に何らかの影響があることが考えられますので、注意をするようにしましょう。
また、効果を高めたいという理由で1回1錠のところを2錠以上1度に服用したり、他の医薬品と併用した場合には、副作用のリスクが高まります。

なお、アイピルは正しく服用することで、高い避妊効果を期待することが出来ますが、失敗しないとは限りません。
万が一のためにも、必ず妊娠検査薬を使用し、妊娠をしていないかどうかを確かめるようにしましょう。
もし、避妊に失敗し、妊娠しているという場合には、最終手段として中絶手術を行うという方法もあります。
中絶手術はいつでも行うことが出来るものではなく、タイミングが遅くなればなるほど身体的・精神的な負担も高まります。
それを防ぐためにも必ず妊娠検査薬を使用するようにしましょう。

アイピルが作用するメカニズムを理解し勘違いを防ごう

受精卵が子宮に着床することで妊娠が成立します。
アイピルは妊娠が成立していない着床前に服用することで避妊効果を得ることが出来るものであり、着床後に服用した場合には妊娠が成立していないわけではないため、効果なしとなることもあります。

アイピルを服用する人の中には、薬を飲むことで中絶をすると勘違いする人もいますが、それは全く異なることです。
アイピルはあくまでも女性ホルモンを通常よりも多めに服用することで、妊娠を成立させないようにするというものです。
つまり、着床後や既に胎児が子宮内にいる状態で服用しても効果なしなのです。

また、避妊に失敗し、妊娠をしてしまったという場合でも、出産をしようと決意する人もいるでしょう。
妊娠中にアイピルを服用した場合でも胎児に何らかの悪影響があるという事はありませんので、安心して服用することが出来ます。

アイピルを服用したことで、避妊効果を得ることが出来たかどうかは消退出血の有無で判断することが出来ます。
消退出血は服用後2日から3週間以内に見られる出血で、月経と同じくらいか少し少ないほどの出血です。
この出血が無いという場合には、妊娠している可能性があります。

受精卵が子宮に着床することでも出血が起こることがあります。
この出血は通常の月経のタイミングよりも数日早く起こりますし、出血量が少なく、ピンクがかった色ですので、消退出血や月経と勘違いすることは少ないでしょうが、自信がないという場合には、妊娠検査薬を使用するか婦人科に相談をするようにしましょう。
アイピルの避妊効果は服用前の72時間以内に行った性行為に対してのみです。
服用後の性行為に対しては効果がありませんので、しっかりと避妊をするようにしましょう。

関連記事
アフターピルの副作用には何がある?

アフターピルというのは緊急時に妊娠を回避するための効果の強いピルなので、どうしても副作用が出てしまう傾向が強いのが特徴です。服用することによって女性ホルモンの働きを強め、一時的に妊娠しているのと同じ状態を作り出します。そうすることによって受精卵の着床を防ぐ効果が高くなるのです。実際にどのような副作用

2019年11月17日
低用量ピル、マーベロンは生理痛も楽にしてくれる

マーベロンにはエチニルエストラジオールとデソゲストレルが含まれていて、避妊効果を高めてくれます。女性ホルモンを高めてくれる効果があるため、手軽に活用ができるピルがあればいいのにと感じているなら利用してみるべきです。エチニルエストラジオールが効果を高めてサポートをしてくれます。マーベロンは卵胞の休眠に

2019年09月18日
アフターピルの服用時に注意することって?

女性にとっての希望しない妊娠を避けるために効果的だとされているピルの中には、事前に飲むものと事後に飲むものの二種類がありアフターピルは後者に当たります。セックスを終えた際に避妊具が破けていたなどの問題が発生したら、アフターピルを服用して妊娠を避けるといいでしょう。アフターピルの効果は非常に強力で、精

2019年10月18日
低用量ピル、トリキュラーってどんな薬?

低用量ピルにはいくつかの種類がありますが、その一つが「トリキュラー」です。第2世代2相性のデイワンスタートピルと呼ばれるもので、日本国内で購入する場合には、医療機関を受診し処方を受ける必要があります。トリキュラーにはホルモン分泌系に作用することによって排卵を抑えることが出来る、子宮に作用することで受

2019年09月02日
避妊の成功や失敗はどうやって確かめる?

消退出血とは、子宮内膜が剥がれることで起こる出血ですが、これは生理とは異なって排卵を伴いません。アイピルなどの避妊薬を飲んだ時に起こる出血であって、消退出血の出血量は生理よりも少ないか同等程度です。これは個人差があるので人によりますが、少なくとも同等程度がマックスと考えてよいでしょう。似たようなもの

2019年08月16日
アイピル服用で高い避妊効果を得るために気を付ける事とは

アイピルは緊急避妊薬と呼ばれる種類の薬で、性行為の後に服用するという特徴があります。通常のピルは性行為の前に服用して、排卵を抑制することで避妊効果を出しますが、アイピルは性行為の後に服用し、急激な変化を起こして避妊効果を出すものです。アイピルは日常的に使うものではなく、避妊に失敗をしたり、避妊をせず

2019年08月01日