• ホーム
  • アイピル服用で高い避妊効果を得るために気を付ける事とは

アイピル服用で高い避妊効果を得るために気を付ける事とは

2019年08月01日
薬を飲んでいる女性

アイピルは緊急避妊薬と呼ばれる種類の薬で、性行為の後に服用するという特徴があります。
通常のピルは性行為の前に服用して、排卵を抑制することで避妊効果を出しますが、アイピルは性行為の後に服用し、急激な変化を起こして避妊効果を出すものです。

アイピルは日常的に使うものではなく、避妊に失敗をしたり、避妊をせずに性行為をしてしまった時に使いますが、服用方法には守らなければいけないことがあります。
それは性行為の後にできるだけ早く服用することです。
性行為をしてから妊娠が成立するまでには、排卵、受精、着床という経過がありますが、すでに着床をしてしまった状態ではアイピルを使っても避妊効果は出ません。

できるだけ早い時期に服用することで妊娠確率を下げることができ、いくつかの段階で同時に効果を出せます。
まずアイピルには排卵を遅らせる作用があるので、アイピルを服用する前に排卵がまだ起きていない時には、そのまま排卵が起きないような状態に体を変化させます。

もうひとつは子宮内膜の増殖を抑制する効果があるということです。
受精卵ができている場合には、着床を防ぐ以外に妊娠を避ける方法尾はありません。
着床は受精卵が出来ただけでなく、それが子宮内で着床できる環境になっている必要があります。
子宮内膜が増殖していない時には、受精卵ができても着床することができません。
こういった作用でアイピルは妊娠を抑制します。

そのため、遅くとも着床が起こる前に服用をして効果を出す必要があるということになります。
そして、早い時期であれば排卵を抑制する作用も期待できるということです。
こういった効き目の違いは、性行為の後から服用までの時間に関係してきます。
時間が経てば経つほど妊娠確率は上昇していきます。
もしも避妊に失敗をしてしまった時には、こうしたタイムリミットがあるということを覚えておきましょう。
そして、できる限り早くアイピルが服用できるよう準備をしておくことも大切です。

72時間以降の服用でも効果がある?

アイピルは使用できるタイムリミットがある薬です。
推奨されている時間は、性行為の後72時間以内です。
この推奨時間には意味があり、72時間を超えると妊娠確率が一気に上昇してしまうからです。
性行為をした時に排卵が起こっている場合で、受精が起こり、着床に至るまでの時間はおよそこのくらいだと考えられています。
そのため、その途中の段階でアイピルの効果を出すためには、時間を守って服用しなくては、効果が期待できなくなるでしょう。

アイピルの避妊率は24時間以内に服用した場合で95%と、高い避妊率がある薬です。
そのため、もしも避妊に失敗をしても、性行為24時間以内にアイピルを使えば、ほとんどの場合で妊娠をする可能性がなくなります。

この特徴は性行為から時間が経つにつれて変化をしていき、徐々に避妊率が下がってきます。
性行為後72時間の時点での避妊率は75%という報告があります。
このように数時間の差で避妊率は大きく下がってしまいます。

それでは72時間を超えてしまった場合には、アイピルを使っても全く効果がないのでしょうか。
性行為をした場合には多くが72時間に妊娠が成立しますが、そうではないパターンの可能性も残っています。
そのため、たとえ72時間を過ぎてしまっても、使わないよりは使ったほうが避妊率を上げることができます。

もしも72時間以内に服用できなかったとしても、120時間が経過するまでは、アイピルの効果があると言われています。
避妊できる確率は下がってしまいますが、それでも可能性があるということで妊娠を望まないのであれば、アイピルを使いましょう。
避妊をするラストチャンスなので、この段階で避妊が出来ない場合には中絶手術が必要になってしまいます。

関連記事
アフターピルの副作用には何がある?

アフターピルというのは緊急時に妊娠を回避するための効果の強いピルなので、どうしても副作用が出てしまう傾向が強いのが特徴です。服用することによって女性ホルモンの働きを強め、一時的に妊娠しているのと同じ状態を作り出します。そうすることによって受精卵の着床を防ぐ効果が高くなるのです。実際にどのような副作用

2019年11月17日
低用量ピル、マーベロンは生理痛も楽にしてくれる

マーベロンにはエチニルエストラジオールとデソゲストレルが含まれていて、避妊効果を高めてくれます。女性ホルモンを高めてくれる効果があるため、手軽に活用ができるピルがあればいいのにと感じているなら利用してみるべきです。エチニルエストラジオールが効果を高めてサポートをしてくれます。マーベロンは卵胞の休眠に

2019年09月18日
アフターピルの服用時に注意することって?

女性にとっての希望しない妊娠を避けるために効果的だとされているピルの中には、事前に飲むものと事後に飲むものの二種類がありアフターピルは後者に当たります。セックスを終えた際に避妊具が破けていたなどの問題が発生したら、アフターピルを服用して妊娠を避けるといいでしょう。アフターピルの効果は非常に強力で、精

2019年10月18日
アイピルの効果と服用方法

アイピルは性交渉を行った後に服用することにより避妊効果を得ることが出来る緊急避妊薬です。アイピルには、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンと同じ成分が含まれています。一般的なピルにも黄体ホルモンは含まれていますが、アイピルは一般的なピルよりも多くの量が含まれています。アイピルに含まれている黄体ホルモ

2019年10月03日
低用量ピル、トリキュラーってどんな薬?

低用量ピルにはいくつかの種類がありますが、その一つが「トリキュラー」です。第2世代2相性のデイワンスタートピルと呼ばれるもので、日本国内で購入する場合には、医療機関を受診し処方を受ける必要があります。トリキュラーにはホルモン分泌系に作用することによって排卵を抑えることが出来る、子宮に作用することで受

2019年09月02日
避妊の成功や失敗はどうやって確かめる?

消退出血とは、子宮内膜が剥がれることで起こる出血ですが、これは生理とは異なって排卵を伴いません。アイピルなどの避妊薬を飲んだ時に起こる出血であって、消退出血の出血量は生理よりも少ないか同等程度です。これは個人差があるので人によりますが、少なくとも同等程度がマックスと考えてよいでしょう。似たようなもの

2019年08月16日